2012年8月21日火曜日

モハラジオのコンセプト

電車に乗っているとき、床下から「ヒュイーン」という独特の音を聞いたことはありませんか?それはVVVFインバータといって、日本が世界に誇る最新のエネルギー制御機器から発せられる音なのです。 「モハラジオ」は、このVVVFインバーターから出る電磁波を検知し、そのままヘッドホンで聞こえる音に変換してしまう、いわば「電車の聴診器」なのです。 モハラジオを装着すれば、あなたと電車は一心同体。運転手さんの微妙なさじ加減や、モーターの調子の良し悪しまでわかるかもしれません。雨の日のスリップ制御などは、また格別です。 もちろん、VVVFインバーターが取り付けられているのはモーター車両(JR系では通称:モハ車両)に限られます。 電車に乗るときは、「モハラジオ」を持って、必ず「モハ車両」に乗って下さいね。